【Python】MacでPython3開発環境構築【環境構築】

【Python】MacでPython3開発環境構築【環境構築】

Python3の開発環境を構築してみた

「Python」を勉強するにあたり、まずは開発環境からということで環境構築した内容を記載

今回、Macに環境構築するので「仮想環境」を作成してPythonをインストールする手法を選択

事前情報

Macには購入直後の状態でPythonが既にインストールされている。

Macの環境にPythonをそのままインストールすると既存環境(OSとか)に影響を及ぼす可能性がある。(環境面に詳しい方はうまくやるだろうが。。。)

なので、仮想環境を作成し、仮想環境内へPythonをインストールする。

バージョンアップ、アンインストール、Package追加によるOSへの影響を軽減する。

事前準備

XCode

XCode
Appleが提供しているソフトウェア開発ツール

Xcodeをインストールする

  • AppStoreからインストール
  • ターミナルで下記コマンドを実行
$ xcode-select --install

Homebrew

Homebrew
パッケージ管理システムぐらいの認識
このツールを通してインストール、アンインストールができる
パッケージ、ライブラリの依存関係が管理できる(らしい)

Homebrewをインストールする

  • Homebrewのホームページからインストール
  • ターミナルで下記コマンドを実行
#インストール(ホームページに記載されているコマンド)
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)

#インストール出来ているかを確認
$ brew doctor

Python開発環境インストール

pyenv(バージョン切り替えツール)

pyenv
Pythonのバージョンを切り替え、インストールするためのツール
「Python 3.6.6で開発しないと」、「最新のバージョンが欲しい」時に使用

事前準備でインストールしたHomebrewを使用してpyenvをインストール

$ brew install pyenv
$ ls -l ~/.bash_profile
$ cat << 'EOS' >> ~/.bash_profile
export PYENV_ROOT=/usr/local/var/pyenv
if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi 
EOS 
$ source ~/.bash_profile

正常にインストール出来たか確認

$ brew list | grep pyenv
$ pyenv --version

インストール出来ていれば下記が表示される。

$ brew list | grep pyenv
pyenv
$ pyenv --version
pyenv 1.2.12

Python

以下のコマンドでインストール


# インストールできるPythonバージョンの一覧を確認
$ pyenv install -l
 
# 3.6.6をインストール
$ pyenv install 3.6.6
 
# 今しようしているPythonのバージョン確認
$ pyenv versions
 
# インストールした3.6.6を使用する設定
$ pyenv global 3.6.6
 
# 現在の設定を確認
$ pyenv versions
$ python

venv

venv
Python(バージョン3.5以降)の仮想環境ツール

以下のコマンドで仮想環境を作成するフォルダを指定

$ python -m venv (任意の場所)/py3env

作成した仮想環境は有効にしないと使用できない

$ source (任意の場所)py3env/bin/activate

#無効は以下
(任意の場所)/py3env) $ deactivate

感想

完全独学で色々なところから情報収集して環境を構築したが、ほぼ全て違う方法で環境構築をしていたので初手でつまづいた。

その中から自分の納得できる手法を手探りで探す事になりかなり時間を使ってしまった印象

同じ様な境遇の方の手助けになればと。。。

Pythonカテゴリの最新記事