【Python】ブラウザ上でプログラミング開始【Google Colaboratory】

【Python】ブラウザ上でプログラミング開始【Google Colaboratory】

Python使いになりたいと思い立った時、まだPCの準備ができていなかった。。。

とりあえず動かしてみたい。。。

という気持ちから、「どうせ探せばあるだろ?」精神で調べたらたどり着いた感じ。

Google Colaboratory が使用できるまでの記録。

注:管理人の環境ではテーマをダークモードにしています。見た目の差異はご了承ください。

はじめに

Google Colaboratoryとは?

Goolge Claboratory(以下、Colab)とはGoogle先生が提供しているクラウド環境化でJupyter環境。

ブラウザ上で動作し、Googleアカウントさえあれば無料で使用ができる!!

ネット接続環境さえ整えばOSに依存せず即座に使用可能!!

事前準備

Googleアカウントが必要

ColabではGoogelアカウントが必要。

実行はGoogleのクラウド環境が使用され、ファイルの保存はGoogleドライブへ自動保存される。

アカウントにログインしていない状態で起動して、Pythonで遊ぼうとすると警告される。

Python開発開始しよう(Not Login)

ようこそGoogleColabratoryへ!!

以下どちらかで起動。

  • Google検索→「GoogleColabratory」で検索実行→一番上に出てくる「GoogleClabratory」を選択 ※2019/07/01時点では紹介サイトになっていた。。。本家頑張れ。。。
  • 以下のリンクから起動

起動画面(Googleアカウントログイン済み)

Colab起動(ログイン済み)

管理人の場合、何度か遊んでいるので「最近開いたファイル」情報が表示されている。

その他、GoogleドライブやGitHubとの連携も可能。


起動画面(Googleアカウントにログインしていない状態)

Colab起動(ログインしていない)

ログインしていない場合はGoogleアカウントへログインしてから次へ


Python3をJupyter環境で実行

Python3のファイルを新規に開く

起動後の画面から「ファイル>Python3の新しいノートブック」を選択

Python3の新しいノートブック

新しいPython3実行用のファイルが開く

後は実行したいコードを入力して「▶︎」をクリックすればコードが実行されて結果が表示される。

Colabを使ってみて

Pythonド素人が使ってみた感想

実行が遅い

ネットワーク環境に左右されるお話だと思われる。

感覚的に下記流れと想像している。

  • ブラウザでコード入力・実行
  • ブラウザから実行環境(クラウド)へ送信
  • 実行環境(クラウド)で実行・結果取得
  • 実行環境(クラウド)からブラウザへ結果を送信
  • ブラウザに表示

今回の「Hello World」で実行時間が体感で2〜3sec

我慢できないタイプの方にはこの体感時間は辛いかもしれない

インストール不要で無料で使用できる

ここが強みかな

今回、使用するに至ったのは「とりあえずPythonで遊びたい」「インストール環境がまだない」状態だったのでそう言った意味では良い巡り合わせ。

他にも色んな機能が

パッケージの利用やTPU(機械学習用のCPUらしい)の利用など、色々なことができるらしい。

もう少しお勉強してから紹介しようと思う。

Pythonカテゴリの最新記事