29歳でフリーランス!月収が30万以上増えたお話

29歳でフリーランス!月収が30万以上増えたお話

誰しも収入が上がると聞くと興味が湧くと思います。

「そんなあまい話無いだろ!」

そう思うのが当然でしょう。ただ、そう思うのは実態をご存じないからではないでしょうか?

先日、某企業が優秀なIT人材・研究者の新卒に対して報酬1000万という話は記憶に新しいところです。それぐらいしないと優秀な人材は集まらず、企業の人材は既に流出傾向にあるという事です。

これから先、「企業は優秀な人材の流出を防ぐ」、「優秀な人材の確保に奔走する」必要があると言われており、それらの先はフリーランスだと言われています。

これからフリーランスの価値が見直される時代がきます。いえ、既に始まっていると言っていいでしょう。

その為にもフリーランスの実態を知っておく事は得にしかならないと思いますので先んじて調べておくことをオススメします。

ここでは私がフリーランスシステムエンジニアとしての収入内訳や活動内容、その実態についての記録を語っていきます。

フリーランスシステムエンジニアとしての収入(契約金)と仕事内容について

実際フリーランスシステムエンジニアってどういう形で仕事をしてるの?とイメージできていない方が大勢いらっしゃると思います。

お金に関することもオープンにしている方は少ないのですが、それでは「フリーランスになってからでないとわからない」になってしまいます。

それではこの記事を読んでいる方の助けにならないので正直に書いちゃいます。

メインとなるお仕事

私の場合、エージェント経由で紹介していただいた企業様と準委任契約を結んでお仕事をさせていただいています。詳細はぼかしますが以下の様な感じです。

  • 稼働時間:月 140 〜 180(h)
  • 契約金:約63万(税抜)
  • 仕事内容:企業向けC/Sシステムの下流工程、稀に上流工程を含む

月に稼働時間が平均20日ありますから、1日7.5時間稼働としても1日お休みをいただける計算ですね。調整して1日8時間稼働にすると2日/月のお休みをいただくことも可能です。

契約金については約63万で契約させていただいています。エージェントに支払う仲介料を差し引くと

月60万超!

と言ったところでしょう。もちろん、稼働時間を下回ると減算、超過分は追加請求という仕組があります。計算式は

減算の場合:63万(契約金)÷140(稼働時間上限)=4500円

超過請求の場合:63万(契約金)÷180(稼働時間下限)=3500円

と言った形で稼働時間に満たない場合は4500円/時間が差し引かれますし、稼働時間を超えた場合は3500円/時間を追加請求することができます。細かい計算式は契約先によって異なるでしょうが大体こんなところです。

ただしこれは私の様な 業界経験8年&フリーランス歴なし!! の場合です。スキルや経験年数、契約先企業からの信用によって大きく増減することは頭に入れておいた方がいいでしょう。

これがフリーランスとしての実態ってことか?

SE犬
SE犬
ひなた
ひなた

実態の内の1つだね。
まだ経験が浅いからこのパターンしか経験してないんだよね。
いろんなパターンを経験したらその都度紹介していくよ!

サブとしてのお仕事

個人的にいただいたお話でとある法人のWebサイト作成支援・教育のお仕事をさせていただいています。こちらは私自身の勉強も兼ねてお手伝いさせていただいています。

  • 月に2時間くらい
  • 報酬は色々(コネ作りに協力していただいたり、法人化についてなどの知識をいただいたり)
  • 仕事内容:Webサイト作成支援・社員教育

こちらの分野で知識を蓄えることが出来れば仕事としてつながればと思っています。あとは、勉強中のプログラミング言語でメンター(Web教師)などにも手を広げていく予定です。

ひなた
ひなた

自分の価値を上げるための仕事・活動だね。
フリーランスは如何に自分の価値を高めるかが勝負だよ!

自分で営業する必要はない!エージェントを使おう!!

エージェント(営業代行)とは?

システムエンジニアとしてフリーランス活動をするならば、その分野に特化したエージェント(営業代行)がいます。「こんな人いますけどどうですか?」と企業に営業したり、「こんな人いませんか?」と企業からのオファーに合う人材を探したりしています。

企業とフリーランスの橋渡し役のようなイメージですね。

エージェントを使うメリット・デメリット

メリットは単純に営業業務を代行してくれることに尽きます。

システムエンジニアとして仕事に集中したい

自分で営業する時間はない!そんなコネもない!!

そんな方はエージェントを使って時間の削減・効率化を測ることをオススメします。エージェントはその道のプロですから、持っているスキルや経験に応じた仕事を提示してくれます。

デメリットは仲介料が発生することでしょうか。エージェントによっては仲介料を公開していない場合もあるので、注意が必要です。

それでも時間は金で買う精神で利用した方がメリットが大きいと思います。

ひなた
ひなた

営業活動は大変だからね。
でも、自分で営業した方が仲介料も発生しないし自分の価値を自分で決めることもできるから最終的にはそこを目指すのが良いと思うよ!

エージェントを活用して自分の相場を知ろう!

絶対に行くべきです!知って損をすることはありませんし、エージェントとの面接に費用は発生しません!!

自分の価値を知らずに会社が決めた報酬(給料)で働き続けるのは勿体無いです。それだけのスキル・経験を持っているのに何故そのお金で働いているのか、と感じたことはありませんか?

エージェントにご自分のスキルや経験をお話するだけで大体の相場金額が帰ってきます。その金額が相応しいか決めるのは貴方次第ですがご自分の価値を知るためにも一度エージェントに聞いてみてはいかがでしょう。

私も自分の価値に疑問を感じて、転職活動を開始しフリーランスのエージェントに辿り着きました。

結局相場はいくらやったんや?

SE犬
SE犬
ひなた
ひなた

1社目が60万で2社目が55〜58万って言われたよ

それって高い方なんか?

SE犬
SE犬
ひなた
ひなた

僕の経歴からだた普通より少し良い方ぐらいの感覚みたい
マイナー系のスキルだと高くなる傾向みたいだし、地域によっても上限があるらしいよ?

なんで高い方の1社目にせんかったん?
高い方がよくないか?

SE犬
SE犬
ひなた
ひなた

仲介料が非公開だったんだよ・・・
最終的にエージェントを使わずに仕事をしたいから早めに自分の価値を知っておきたくて・・・

なるほどなぁ〜
自分を売る時に相場がわかってないと金額の提示が難しいもんな

SE犬
SE犬
ひなた
ひなた

そゆこと
まぁこの辺は好みだね。

注意:エージェントによって提示金額が異なる

エージェントによって提示される金額は異なります。契約形態も異なりますので必ず複数のエージェントと面談して、自分に合うエージェントを探した方が良いと思います。

私が使用した(面談した)エージェントについては近いうちに記事をあげようと思います。

最後に

会社員として月収30〜40で働き続けますか?それをいつまで続けますか?

私はどちらも考えられませんでした。

フリーランスとして活動するのに必要なのは「個人としての実績と信頼」です。決して会社員として働いた実績と信頼ではありません。

フリーランスとして働き始めることに「早すぎる」はありません。その判断をするためにもフリーランスの働き方について調べてみてはいかがでしょう?

フリーランスカテゴリの最新記事